書籍紹介

第3章 資本の変化

資本は昔から存在しているが、その資本の性質は変化しているのか?

イギリスとフランスにおける資本の変化

国民資本=農地+住宅+他の国内資本+純外国資本

イギリスも

時事問題, 書籍紹介

21世紀の資本 第2章:経済成長-幻想と現実-超長期でみた経済成長:1900年以降急上昇

世界産出をみると、1820年までは0.5%で以降1.5%から3.0%と伸びていることがわ

時事問題, 書籍紹介

教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク」 (光文社新書)

内容

私たちが「善きもの」と信じている「教育」は本当に安心・安全なのだろうか?

学校教育の問題は、「善さ」を追

書籍紹介

ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか―――世界トップのビジネススクールが伝えたいビジネスの本質

内容

ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)が正規の人気授業プログラムとして5年連続で東日本

コンサル系, 書籍紹介

概要

r>g

≪資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す≫

格差は長期的にはどのように変化してきたのか?
資本の