【12/26(木)】2019年NISA枠を使い切りましたか?【約定締切】

2019年12月25日

NISAって?

NISAは配当金や売買益に対する課税がされない口座です。

年間120万円のものと年間40万円のものの2種類があります。

NISAについては2020年度からの制度変更もあるので別の記事で詳しく解説します。

NISA利用可能枠は2020年1月1日でリセット!

NISAで気を付ける点として、枠のリセットが1月1日であることです。4月1日ではありません。

確定申告の関係もあり、所得系は1月1日-12月31日ですからね。

さらに、利用可能枠を持ち越すことはできません。

もし30万円分余っていても1月1日にはその枠は消滅します。

受渡日が重要

年内に株式を受け取る必要があります。

普段は取引成立段階の価格だけを意識しているかと思いますがNISAについては受渡日がいつになるか、というのが特に年末は重要です。

国内株式の場合、2営業日後ですので12/26(木)が最終約定日で受け渡しが12/30(月)となります。

証券口座HPに詳しいことが注意喚起として書かれていると思いますのでよくご確認ください。

投資信託だと受渡日が商品によって異なる場合もあります。

12/30(月)に注文が最悪のパターン

NISA枠を使い切ろう!最終日は12/30だ!

これが一番危険です。

なぜならば、受け渡しが翌年になるため、翌年のNISA枠から引かれてしまいます。

それを承知の上で購入するならばよいですが、焦って買って翌年のNISA枠を消費してしまうのも考え物です。

松井証券が神手数料開始

これまで長い間、証券会社のキャンペーンを見てきましたが、松井証券がすごい制度変更をぶち込んできました。

2019年12月20日(金)夜間取引より、1日50万円以下の株式取引が無料

◆松井証券◆
・1日合計50万円以下の株取引手数料は無料
・NISA株式手数料は恒久無料
・デイトレ向け商品(一日信用取引)の手数料は無料
・高機能取引ツール「ネットストック・ハイスピード」が無料で利用できる

50万円以下の上場銘柄は9割以上

この1日、50万円までの取引手数料が無料というのがどれくらいすごいかというと、上場銘柄のほとんど全てを手数料無しで購入できます。

たいていの高利回り株主優待系銘柄は25万円未満なので松井証券一択です。

▼ニュース内容▼
https://www.matsui.co.jp/news/2019/detail_1209_01.html


自己アフィで5万円ゲットする方法解説記事はこちら

せどり転売用商材を集めたリスト

楽天ROOM(せどり転売商材用)

スロット遠征に

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF
ホテル料金比較『トリバゴ』

アフィ始めるならドメイン取得から

お名前.com

スロットで必須のカチカチ君・耳栓を安く入手する






Youtubeでも喋っています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ パラサイトシングル生活へ
にほんブログ村

独身日記ランキング