安倍晋三首相主催の「桜を見る会」中止の経緯

安倍首相主催の「桜を見る会」が中止とのニュースが流れてきました。

そもそも「桜を見る会」とは?

毎年、新宿御苑で安倍首相と芸能人やスポーツ選手等々が歓談する様子が流れるわけですが、安倍首相以前より開催されています。

歴史自体は古く、1952年の吉田茂首相の時からほぼ毎年開催されています。

「桜を見る会」の出席者数

小泉首相(2001-2006):出席者 毎年8000-9000人程度。(予算不明)

安倍首相は首相に返り咲いて2013年以降のデータは以下となっています。

安倍首相(2013-2019):出席者 2013年の1万5千人から毎年増え、2019年は1万8千人。

(呼びすぎじゃね・・・・・?)

「桜を見る会」にかかっているお金

安倍首相と「桜を見る会」ですが、2013年に3000万円支出されていたのが招待者が増えるのと同じくして支出額も増え、2019年には5500万円となっています。

今回問題となった点

主にこの「桜を見る会」で問題となったのは

・どうやって呼ぶ人選んでるんや

・金かかりすぎやんけ

の2点です。

私個人的政治的なアレは別にないんですが、まぁ指摘はその通りかなと思います。

特に経済効果があるとも思えんしね。オナニーでしょう。

どういう人選基準なのか

人選も何も、招待状があれば入れるとのこと。

そして政治資金パーティーで招待状で資金集めしているとの批判

何にそんな金がかかっているのか

1万5千人が新宿御苑に集まる

しかも上級国民ばかりとなれば警備費用が膨大にかかるわけです。

テロ対策しなきゃならんし。

もちろん飯もいいやつを出す。

それで税金はたくさんかかってしまいます。

来年は中止!

桜を見る会への批判が大きくなり来年中止になりました。

来年はオリンピックで浮かれ気分でしょうし再来年度からこっそり復活させるんじゃないかなぁと思ってます。


自己アフィで5万円ゲットする方法解説記事はこちら

せどり転売用商材を集めたリスト

楽天ROOM(せどり転売商材用)

スロット遠征に

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF
ホテル料金比較『トリバゴ』

アフィ始めるならドメイン取得から

お名前.com

スロットで必須のカチカチ君・耳栓を安く入手する






Youtubeでも喋っています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ パラサイトシングル生活へ
にほんブログ村

独身日記ランキング