【対象人数】恩赦(おんしゃ)の意味【対象刑罰】

2019年10月22日は即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)が行われる。

それに伴い休日となるが、砕いて説明すればこの儀式は新しい天皇陛下となったことを特に海外にアピールするためのものである。

この即位礼正殿の儀とともに話題となっているのが「恩赦(おんしゃ)」である。

辞書的定義

恩赦:裁判できまった刑罰を、特別な恩典によって許し、または軽くすること。内閣が決定し、天皇が認証する。

ざっくり言えば罪人の罪をなくして刑務所から解放したり、刑期を短くするものである。

恩赦は昔からある伝統。今回は何回目?

恩赦システムの歴史は長く奈良時代から続いてて今回は11回目になる。

ちなみに前回の恩赦は昭和から平成の代替わりの際ではなく、26年前の1993年、天皇皇后両陛下が結婚した時である。

恩赦対象人数規模はその時々に違う。

1989年:昭和天皇が亡くなった際:1017万人

1990年:上皇即位時:250万人

1993年:天皇陛下結婚:1277人

では、今回の恩赦対象人数は?

55万人と発表されている。

具体的には2016年10月21日、つまり3年前までに罰金を納めた55万人が対象だそうである。

何が赦されるのか?

既に払った罰金が戻ってくるのか?

そういうことではないらしい。

罰金刑を受けると国家資格取得する権利が5年間失われる。そのはく奪されている権利を今回復活させるということらしい。

どんなものが罰金刑になるのかというと、道路交通法が大半だそうだ。

道路交通法で罰金とられると国家資格取得権利はく奪されるとは知らなかった・・・

そのため、今回の恩赦ではヒャッハー系のプリズナーが野に放たれることはないっぽいので安心してほしい。


自己アフィで5万円ゲットする方法解説記事はこちら

せどり転売用商材を集めたリスト

楽天ROOM(せどり転売商材用)

スロット遠征に

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF
ホテル料金比較『トリバゴ』

アフィ始めるならドメイン取得から

お名前.com

スロットで必須のカチカチ君・耳栓を安く入手する






Youtubeでも喋っています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ パラサイトシングル生活へ
にほんブログ村

独身日記ランキング