子ども部屋おじさんの貯蓄と株主優待

2019年8月5日

こちらの記事で生活費から収入と支出を考えたが、今回は貯蓄について考えていく。

例えばとある月の収入から支出を引いた額が5万円だったとしよう。

この5万円が貯蓄である。

この貯蓄をどうするか?それが問題だ。

大きく分けて2つの道がある。

1. 銀行に貯金(ほぼ無利子)

2. 投資

私の考えとしては安定的な収入があるならば銀行への預貯金は100万円もあれば十分であろうと思う。

もちろん、ライフイベント等で大きな支出が予定されているのであればそれは別途避けておけばよい。

また、投資も流動資産と呼ばれるものなのですぐに現金化可能な場合がほとんどである。

つまり、銀行への貯金は最低限とし、投資に回す方が賢明である。

投資といっても種類はたくさん

問題は投資対象があまりに多すぎることである。

株式もあれば不動産もあれば貴金属もある。

クラウドファンディングなんてのも最近は登場している。

そのような中で最初に始めるべきは

株主優待

これ一択だ。

利回りが通常の株式配当よりも高いという点が大きな資産を持たない個人にとって魅力的である。

株主優待とは何なのか

株主優待について言葉は聞いたことがあるかもしれない。

しかし、実際に株式投資をしてみないと

・どうやって該当する銘柄を探すのか

・どういう仕組みなのか

といったことがイマイチピンとこないものなのでここで簡単に解説をする。

そもそも、株式会社は株主に対して株を保有し続けてもらうというインセンティブを与える必要がある。

なぜなら投げ売りされたら株価が下がり、会社自体の価値が下がってしまうためである。

株主には主に二種類がある。

機関投資家と個人投資家だ。

我々は個人投資家にあたるちっぽけな存在である。

開くべき証券口座

私は証券口座を5つほど保有して使い分けていますが、株主優待でしたら松井証券一択です。

◆松井証券◆
~特徴~
・1日合計10万円以下の株取引手数料は無料
・NISA株式手数料は恒久無料
・デイトレ向け商品(一日信用取引)の手数料は無料
・高機能取引ツール「ネットストック・ハイスピード」が無料で利用できる

株主優待を実施している企業群

株主優待を探すコツはBtoC(一般消費者向けの販売)を行なっている企業に着目することである。

わかりやすいところでは飲食店では個人投資家を掴むことがかなり重要なファクターとなっている。

そのため、自社商品や自社で使える食事券を株主向けに用意している場合がある。

株式会社が株主に対して利益を還元する際には一般的には配当金という形で現金を給付する。

ただしこれには20%の税金がかかってしまう。

つまり、1万円の配当金を受け取っても2000円は税金として消えてしまうわけだ。儚い。悲しい。

ちなみに売買利益も2割持っていかれる。無慈悲。

裏道として、株式会社が(個人投資家の)株主に対して利益を還元する方法として株主優待があるのだ。

自社の製品や自社で使える商品券を株主に送付する。

これならば税金がかからない。

クオーカード等も同様である。課税の有無は意識するとしないとでは結構な差になる。

株主優待を行っている企業の例

株主優待だとイオンあたりが有名だ。

子ども部屋おじさんにおすすめである。

イオンは提示することで3%の現金キャッシュバックを受けられる株主にのみ渡しているオーナーズカードという制度がある。

イオン 株主優待
https://www.aeon.info/ir/stock/benefit/

イオンとしてはこれを個人投資家に与えることで同業他社(西友等)ではなく自社で食品等を買ってもらうインセンティブを与えられる。

これは個人投資家としても悪い話ではなく、同じ値段、質の商品を扱っているのであれば3%オフで常に購入できるイオンを選ぶインセンティブが発生する。

このように、株主優待は配当金よりも遥かに高い(現金換算での)利回りを得ることができる個人投資家の味方である。

イオン 株主優待

こちらが実際に半年に一度イオンから届くものだ。

半年間に購入したものリストが羅列され、その3%をサービスカウンターに持っていくことで現金キャッシュバックを受けられる。

子ども部屋おじさんが持っていると家族に喜ばれる。


自己アフィで5万円ゲットする方法解説記事はこちら

せどり転売用商材を集めたリスト

楽天ROOM(せどり転売商材用)

スロット遠征に

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF
ホテル料金比較『トリバゴ』

アフィ始めるならドメイン取得から

お名前.com

スロットで必須のカチカチ君・耳栓を安く入手する






Youtubeでも喋っています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ パラサイトシングル生活へ
にほんブログ村

独身日記ランキング